藤枝で名物料理や和食料理を堪能するなら【魚時会館おさかな亭】

藤枝おんぱく2017「『匠の競演!』 まぐろ×日本酒×役者」レポート

6月10日(土)藤枝おんぱく2017「 『匠の競演!』 まぐろ×日本酒×役者 」が当店で行われました。

 

 3回目の参加となる今回は、魚時自慢の「鮪」と藤枝の地酒「志太泉」、そして藤枝出身の俳優でもあり社長の甥っ子でもある「石上 亮」の3本立てのイベントです。

 定員50名と大人数のイベントでしたが、予約も早期に埋まり、満員御礼で無事に開催することができました。
​ 
 

 スタッフは朝から事前準備。15時半に最後の直前ミーティングを実施しました。

 

 なんとかセッティングも完了し、16時半より受付開始。17時半から開催です。
 
 

 まずは、匠でもある司会「石上 亮」進行の下、3人の匠の自己紹介から鮪の解体を行います。当日使われた鮪は、ケープ沖26kgの脂のしっかり乗ったミナミマグロ。社長の目利きの一品です。

 

 参加者様も興味津々の中、順調に解体が進み、料理長が刺身の引き方の説明をしながらデモンストレーションを実施。後に実食する鮪が刺身になっていく姿に、お客様も興味津々のご様子でした。

 

 解体がすべて終了した後は、宴席場に会場をチェンジ。お待ちかねの「志太泉」と「鮪のお刺身」を使ったフードペアリング(飲み物と食べ物の組み合わせ)です。

 

 待ちに待った刺身(赤身・中トロ・大トロ)と、4種類の志太泉を使ったフードペアリングに会場は大盛り上がり
 
 

 その後は、匠3人によるトークショーを楽しみながら、鮪料理とお寿司、藤枝の野菜を使ったサラダに参加者様もご満足いただけたようです。
 
 

 その料理に対抗するように、日本酒の匠である望月氏が大判ぶるまい!ドリンクバーならぬ日本酒バーで並べられた、とっておきの志太泉の瓶がすぐ空になるほどの大盛況でした。
 
 

 
 
 そして大盛況の中、司会進行の匠「石上 亮」が会場を大いに盛り上げ、興奮が冷めやらぬまま閉会となりました。

 

 お客様に大変満足頂けたイベントとなり、当店スタッフ一同及び3人の匠も安堵と共に充実感に満ち溢れた1日となりました。

 

ご来場の皆様、誠にありがとうございました。